2015年11月28日

弔い:ろうあ劇団 舞夢

KC3Z0090.jpgKC3Z0097.jpg

「耳の聞こえない方々の通夜・葬式?」「そっか、耳の聞こえない人たちも死ぬんだよな」と当たり前のことを当たり前に考えられなかった、自分にビックリし情けないと言うよりもショックを受ける。


「あの世に行くと、いろんな国籍を持った人が来るから、障害がなくなるんだ」とのセリフが心に残る。「死んだ時にあの世で困らないように、ホワイトボードを首からぶら下げてあげた」と妻の優しさを感じた。面白いと思った。


通夜・葬儀会場で、参列者の細かな仕草(お喋り(小声や身振り手振り)・あくびなど)まで再現されており、「あるある。いるいる。」と思わず口に出てしまう。そうして舞台に引き込まれていく。


死人A・Bと死人Aの妻と死人Bの妻(死人が見える)のやりとり、それぞれに手話通訳者がついており、死人にはそれぞれにナレーションがついておりユーモア交えての掛け合いが面白かった。


お経にも手話通訳者が居て、ろうあ者の観客は手話通訳を見て舞台を見てるんだよなと、聞こえない世界にお邪魔させてもらった感じがした。


もう一人の自分が「おいおい!ちょっとまて」「同じ障害者なのに、おかしいだろ!」という。確かにと思うが、今の私は聞こえない世界を知ることと、耳が聞こえない・聞こえるの違いはあるが、通訳が居れば問題なく伝え合うことができるんだと知ることでいっぱいいっぱいでした。


KC3Z0103.jpgKC3Z0109.jpg

受付で、枇本さんがパンフレットを丸めて、かばんへ入れてくれた。「パンフレット見てね」と優しさだと後で気づく。チケット予約も言っていただき、ありがとうございました。


サンピアザ劇場がどこにあるか迷う。地下鉄で行ったのでサンピアザに近い入り口から入ると、インフォーメーションがあったから聞く。地図を貰い頼りに行く。


KC3Z0047.jpgKC3Z0062.jpgKC3Z0085.jpgKC3Z0087.jpg

明日29日14時から上演されます。サンピアザ劇場にて。これ1回で最後です。聞こえない世界をぜひご覧ください。当日2000円


KC3Z0111.jpg
posted by ヒロ at 22:58| Comment(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

コンサドーレ最終戦

KC3Z0094.jpg

どうやって行こうか?どうやって行くと楽に行ける?どうやって行くのが交通費がかからなく行けるか?と頭をフルに回転させながら、札幌ドームへ向かう。


KC3Z0047.jpg

バスを乗り継いで行ってみようと試みるが、ジェイ・アール北海道バスチケットセンターに聞く勇気が出なく、今日もしょげてるなと思いつつ最終的にいつも通りの地下鉄で行く。


KC3Z0068.jpg

札幌ドームへ続く道を歩いてると、共生舎の仲間(名前出てこない)が運転している車とバッタリ会い挨拶する。友人KIYOSHI氏がコンサドーレサポーター仲間と来る。


毎回来ているから、顔なじみになっているんだと得意げそうに話す。会場に着くと次から次へとサポーター仲間がきて交流を深めていく。いろんな仲間がいて羨ましく感じ映画最強のふたりを思い出す。


KC3Z0097.jpg

今季最多観客動員数20,000人を超えた。結果は4対1でコンサドーレ札幌が大勝し、今シーズンの幕を閉じた。


KC3Z0105.jpgKC3Z0107.jpgKC3Z0110.jpgKC3Z0109.jpgKC3Z0111.jpgKC3Z0113.jpg

常に周りを見て動いてる小野選手のラストバスを打ち、そのまま相手ゴールを背に監督・チームメイトがいるベンチに向かって駆け出していく。そして4点目が入ったの同時に喜び合う。すべてが計算しづくされていて感動する。天才と言われる所以が分かる


フィナーレを見ずに会場を後にする。帰りはシャトルバスで帰ってくる。




久しぶりに札幌駅アピアへ行くと、クリスマスム−ド一色で賑わう。賑わいに便乗してクリスマスツリーを撮ってみた。一人ってこうして賑わいが遠のいていくんだなと、しみじみ想う11月23日。まだ雪は降ってもいない。


KC3Z0049.jpg
posted by ヒロ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

初心忘れべからず。

KC3Z0087.jpgKC3Z0068.jpg

「カレーの日。もし良かったら食べてください。」とメールが来る。coffee&pizza Vita(札幌市東区北24条東3丁目1-20)へ行く。


土門さんも歓迎してくれる。板谷さんがもうすでに来ていた。そこにホワイトキューブの竹下さんが来客。板谷さんといろんな話をしているのを聞きながら、カレーライスを食べる。


聞いていると、B型事業所だと知り聞く耳をいっそう立てて聞く。「仕事はアイデアしだい」などいろんな事に挑戦する気迫に圧倒され、辱めを感じつつも負けないと思い、自己紹介を含めカフェてらすも紹介する。


カレーライスは、大好きなシーフードが入っていた。辛さはやや甘めだった。ポイントカードももらう。


KC3Z0092.jpg


北方派五分楽団の練習を共生舎23でする。12月6日のども興行に12時出演することを説明する。


自分自身、初心を忘れていると「初心ってなんだ」と探しながらの練習。なにがなんだか分からない緊張して終わった、ども興行前最後の練習だった。ども興行に出演するのが怖い。


当日、北方派五分楽団CDを持って来てというのを忘れてしまう。


朝起きると、ひざが痛い。


階段を使わずエレベータを使う。地下鉄もエレベータに近い車両に乗車する。それなりに頭を使う。見る景色を違う。


KC3Z0049.jpg
KC3Z0067.jpgKC3Z0066.jpg
posted by ヒロ at 23:34| Comment(0) | 北方派五分楽団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする