2017年04月20日

覚えてくれて、嬉しかった!

「ワンコインで外食できるところ教えてください。」とfacebookでも情報を求めてみる。


高村氏からの情報で、ていねコミュニティカフェ めりめろへ行ってみる。


170419_1631~01.jpg

ラストオーダー16時とのことだったので、3時に仕事が終わり「間に合うかな?」とバスの中。ランチはあるかな?めりめろでちゃんと食べられるだろうか?などなどハラハラドキドキしながら向かう。


やはりランチは完売だったが、焼きおにぎりがあったのでめりめろに入る。


170419_1611~01.jpg170419_1611~02.jpg

雷神さんライブで一度来たことがある。それを店員さんが覚えてくれてて嬉しかった。焼きおにぎり&オレンジジュースを注文する。


170419_1559~01.jpg

私でも無理なく外食ができる値段に、いろんな配慮をしてもらい心が温まり、作ってくれる人に感謝し味わいながら頂く。雷神さんライブinめりめろが5月19日にあると聞き、行こうと予定に書き込む。


そしてゴロ野球を観に行く。


posted by ヒロ at 21:49| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

100円に泣く。

歯医者の通院日。


予約時間前に行くと、早く診てもらえた。「よく磨けてますね。左上の奥歯が磨きすぎです。気をつけてください。」と言われ、歯磨きと歯石を取ってもらう。


「歯ブラシ15本ください。」と購入したのが、これが今日の予定が狂わすとは、その時は思いもしない。
170406_1702~01.jpg

早く歯医者の診察が終わったので、観たい映画が始まってから20分過ぎていたが、「観よう」としたら「20分過ぎているので、販売終了しました。」と言われ、ちぇっ!と思いながら映画館を後にする。


coffee&pizza VITA(ピッツァハウス)(札幌市東区北24条東3丁目1-20 山仲ビル1階)で昼ごはんを食べようか迷ったか、元気ショップでパン工房ひかり(東光ストアサイト内)のつぶあんぱんを買って食べる。


今年初めて予約してFoot960へマッサージに行く。非常に丁寧に施術をしていただき、気持ちよかったです。施術の練習をしたと聞く。考えると、施術となると余計に緊張・力が入ってしてしまう私の体だから、パニックにならないように練習を重ねただと想像する。


170406_1416~01.jpg

誠意を持って対応してくれた、それがプロフェッショナルだと仕事の向き合う姿勢に、学ばなければいけないことが多くあると感じる。襟を正さないといけない。おごってはならない。


財布に100円玉が4枚と500円玉1枚しか入っていなく、観ようとしていた映画も観れず、泣く泣く前職場の通勤路を通って市電とバスに乗って帰ってきた。懐かしかった。


予定では、映画を観て帰るだったのに、それだけの予算を持っていたのにと思いながら、また観たい映画が遠のく・・・

posted by ヒロ at 21:22| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

久しぶりの外伝-嵯峨氏-

誘ってくれた講演終了後、大通り方面へ遊びに行く。久しぶりの大通駅、段差も無く気兼ねなく行き来できる範囲が広がった地下歩行空間のありがたみを感じながら、オープンしたばかりの店を見に行く。


友達と別れ大通駅で休んでいると、「あら元気?」と車イスを押して貰っていた元同僚。(障害者も)いろんな人がいるんだなぁ〜と、その感覚が(自分も含め)違和感じゃなく自然・普通だと思える地域・社会であってほしい。と願うんだ。



170325_1804~01.jpg

「久しぶりの外伝」が始まるタペストリー(札幌市北区北40条西5丁目1−2)へ向かう。


到着すると、嵯峨氏と板谷氏が打ち合わせ中だった。その横でナポリタンを注文する。


170325_1756~01.jpg170325_1825~01.jpg

170325_1859~01.jpg

初めてお会いする草舞弦。その一人であるアドリアーノ氏(バルセロナ)と自己紹介をし国際交流できた。こういうとき(気の利いた事でも)話題が出てこないのがイヤだ。何とかしたいと思っているが、どうすればいいのか。


170325_1906~01.jpg170325_1910~01.jpg

いつなんどき舞台に上がれるように舞台道具を持って歩く姿に、舞台人 人前に立つ表現者の心構えだと勉強になる。飛び入り出演する。草舞弦の舞台で今日しか今日の日をかみ締める。



170325_1921~01.jpg

空気を自分のものにしてしまう板谷氏の舞台。生きている限り変えようとしても変わらないもの「生きる」をテーマの舞台が生きる勇気をくれる。声が出なくもがきながらも歌う姿も胸を打つ。



170325_2009~01.jpg170325_2023~01.jpg

馬頭琴奏者でもある嵯峨治彦氏。名前はよく耳にしていたが「はじめまして」と挨拶する。馬頭琴の演奏プラス喉唄・さらに馬頭琴の説明で、どこまでも続く草原を優雅に走る馬・駆け回り遊ぶ子馬(親子)のイメージが頭に浮かぶ。日本の曲もカバーし、また違うジャンルの歌い方があるんだと知る。


170325_2056~01.jpg

板谷氏と嵯峨氏の共演で、素敵な出会いになった3月25日の幕を閉じる。夢酌み交わす・・・



久しぶりに沖野一家と再会する。

posted by ヒロ at 15:46| Comment(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする