2015年03月31日

4年間ありがとうございました。

私たちを振り回しておいて。と叱られることを承知で言います。事業所立ち上げから閉鎖までの約4年間。何もかもが初めてで、すべてが勉強でした。


事業所閉鎖となり悔しい思いはあります。それが今の実力だとも分かりました。この経験を次につなげていきたいと思っています。


札幌駅から自宅まで、一人で帰られるようになったの仲間が、私にとって喜びです。


最初は、出かけても事業所まで戻ってこないと自宅まで帰れなかった。それが狸小路から「ここから帰られる」と本人から言えるようになり、だんだんと一人で帰られる距離が長くなっていく。


4年間同じルートで出かけてきた中、自分の中で感動するまでになっていた。自分で言うのもありえないとは思いますが、私にとっても4年間の最大の成長だと思っています。


4年間、本当にありがとうございました。感謝の言葉に尽きます。

posted by ヒロ at 19:38| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

施設見学

行く前は「面倒くさい」と言っていたが、二人の利用者と見学に行ってきた(どっちが利用者か分からないが。)


行くといろんな部署があり、部署によってはいろんなプログラムが用意されてあり、自立生活訓練をするところや、どんな福祉サービスがあるのか使えるのかを教えてくれるところなどがあったり、フィットネスがあったりカフェがあったり、部署内に売店では仕入や品出し・お金の管理を利用者に任せていると聞く。


「施設内で全て賄うのではなく、外へ出て行く事も積極的にしている。」と聞く。初めてハンドマッサージ気持ちよかった。術後、緊張が取れた。


出来高制でやっているところがあるんだとも、初めて知った。


昼食は、施設内で弁当を作っている弁当。


KC3Z0107.jpg
posted by ヒロ at 18:59| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

コミュニケーションのいろいろ

バザーでの一コマ。


耳の聞こえないお客さんがクッキーを買いにきた。「こちらが150円です。」などと接客しても通じない。困った。


すると、お客さんが「電卓をたたいて」という意味で、電卓を指さす。そこからやり取りが徐々にできるようになっていく。


「分からない」=スタッフを呼ぼうという図式だけでなく、「分からない」=○○というスロットができるようになっていきたい。


こうやって障害種別を乗り越えていくんだよな。今日この瞬間に立ち会えた事に嬉しさいっぱい


バザーは、札幌市中央区役所の向かいにある中央区民センターで開催しています。10時から4時までです。わーく木の葉は、29日 木曜日まで出店しています。

posted by ヒロ at 19:43| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする