2017年08月06日

もう(亡くなって)○○年経つのか。

と墓誌をみて、生きた時(間)の長さを実感として教えてもらう。そして手を合わす。それが墓参りをするということなんだろうと、僕なりに考えてみた。もちろん先祖供養のためではあるが。


年に一度は、自分のそして家族の生きた時の流れを、静かに感じる日があってもいいのではないか。今日、僕はその日にした。


170806_1019~02.jpg

72年前の今日8月6日、アメリカが広島市に原子爆弾を投下した日。広島平和記念資料館に訪れる観光客が増えているとのこと。


ニュ−ス番組をみて、日本人である私が行った記憶がない。いや行ったことがないと恥ずかしくなる。黙祷する。

posted by ヒロ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

今金24時間キャンプライブ その2

7月30日


KC3Z0037.jpg
KC3Z0028.jpg

愛指令ランド140°に到着したのが、17時をまわっていた。阿知波さん・キャンプライブスタッフの皆さんに挨拶ができ、「今年もキャンプライブに来れた」と実感が持て安堵する。テントを構え店を出しているところに挨拶してまわる。そこで今年のオリジナルTシャツを買う。江別の渡辺夫婦にも久しぶり会えた。


バンジョーの鈴木さん、楠木さん、ひま人倶楽部ブルースバンドのみなさんにも再会できることができた。1年に1度、この今金町神丘にある愛指令ランド140°で今年2017年も再会できたことに感謝したい。


「出演は18時からお願いします」とのこと。その前に楽団員皆で借りるテントを建てる。出演準備をする。かんぱいから始まるステージ。観客が知っている曲をする。ジュンくんの声が聞こえていた。


P7280030.JPGP7280048.JPGP7280053.JPGP7280022.JPGP7280036.JPG

次のひま人倶楽部ブルースバンドのステージの最後に歌った「今金パラダイス」の時に一緒にステージに上がり歌った。


P7280084.JPGP7280080.JPGP7280077.JPG

今回の舞台写真は、森町の金沢さんにお願いし撮っていただいた。金沢さんありがとうございました。金沢さんの子どもに「ステージに上がって一緒に歌おう」と誘ってみる。ステージ近くまで来て歌っていたのを見えたので嬉しかった。バンジョーの鈴木さん、手伝っていただきありがとうございました。


夜は、ひま人倶楽部ブルースバンドのみなさんのところで七輪を借り、買ってきた肉・野菜を焼いて食べる。楽しい時間はすぐ終わり、キャンプファイヤに火をともす瞬間も忘れていた。ひま人倶楽部ブルースバンドのみなさん今年もありがとうございます。


KC3Z0067.jpgKC3Z0053.jpgKC3Z0068.jpg

朝、牛乳と目玉焼きとミニトマトと、昨日皆で買ってきたパンが朝食。その後ステージへ上がる。「人間だから」「今年の夢」「翼をください」を歌う。充電が無くなり写真が撮れなかった。


KC3Z0087.jpgKC3Z0090.jpgKC3Z0036.jpgKC3Z0108.jpg

借りたテントを片付ける


KC3Z0003.jpg

毎年出演し要領が分かっていく中、緊張感が無くなっていることに気付き、これはイカンとおもっていた。そんな中、流しそうめんのとき目の前にいた方に「器を押さえててください」とお願いし、おいしく食べることが出来ました。ありがとうございました。


KC3Z0043.jpgKC3Z0103.jpg
KC3Z0109.jpg

阿知波さん・楠木さん・板谷さんのステージで、第22回今金24時間キャンプライブが終わる。今年も地球の回る音が聞くことが出来ました。昨日挨拶したように「来年また会いましょう」と挨拶してバスとJRで帰る。

KC3Z0110.jpg

毎年出演しているが、毎年全く同じ状況で行けるわけではない。予想もしていないことが起きる。そう起きた時にどう行動するか?どう行動すればいいのか?を常に考えておく。事が起きた時に冷静でいられるかと、いつも成長させてくれる今金24時間キャンプライブ〜地球の回る音が聞きたい〜でした。


潮祭りでごった返す汽車の中で起こった事柄もしかり、自分の頭で考えられるように日々精進していきます。

posted by ヒロ at 22:29| Comment(0) | キャンプライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今金24時間キャンプライブ その1

7月29日


めざすはキャンプライブ。愛指令ランド140°
KC3Z0041.jpg

朝、9時30分に札幌駅集合し、10時13分の小樽駅行きの汽車へ乗る。途中、手稲駅で乗車。潮まつりを見に行くのだと思われる人たちで大混雑。終点の小樽駅まで座る事が出来なかった。


170729_1013~01-.jpg

二世代仲睦まじく乗っていた中国人の観光客。母親と父親・子ども二人・おばあちゃんの間を割って乗る。「申し訳ない」という気持ちでいっぱいだったが、手すりに掴まって体を支えるので精一杯だった。


揺れが少ない時を見計り、体勢を立て直そうと手すりから手を離した瞬間、(隙を狙っていたかのように)女の子が母親の所へ飛んで行く。心細かっただろうと察する。「ごめんなさい」という気持ちで頭を下げた。身動きできない混雑の中、少しでもスペースを空けてくれてくれたその中国人に、「ありがとう」という感謝の気持ちにもなる。小樽駅に着くと「ありがとうございました」と一言いい頭を下げる。


降りる人でごった返すホームで楽団員を探すが見つけられず、倶知安行きの汽車に乗り探すがこれもまた見つけることが出来ずにいたところ、楽団員 ジュンくんがホームに見えたのでホッとしたのもつかの間、「これに乗るよ」といい乗り込む。また混んでいて乗れず、他の乗車口から乗る。乗った途端、ドアが閉まり汽車が動く。私だけ乗れなかったところだったと胸を撫で下ろす。


170729_1215~01.jpg170729_1214~01.jpg170729_1214~02.jpg

この汽車も混んで座れない。乗降口のゴミ箱に腰掛け、しんどい体を休ませながら席が空くのを待つ。倶知安駅で乗り換えのため一旦降りるが、他の楽団員が降りてこない「ここで一旦降りるよ」と声を掛ける。


170730_1629~01.jpg
KC3Z0001.jpg

「今日の夜は、歌うよ」と楽団員 高橋さんの意気込みに励まされる。楽団員 早ちゃんにメールし、長万部行きの汽車に乗って、始発からやっと座る事が出来た。高橋さんがトイレに言ってる間に席を取られ高橋さんに謝った。楽団員全員、座ったことを確認し一眠り二眠りする。


170730_1855~01.jpg

長万部駅に着く。バスの時間を確認して、不破さんのお母さんが作ってくれたおにぎりを頂く。バスへ乗り込む。またまた寝てしまい、不破さんに「ここだよね」と起こされる。みんな整理券を取るのを忘れ、支払いに時間がかかってしまう。最後に運転手に「ありがとうございます」と一礼する。


KC3Z0018.jpgKC3Z0015.jpgKC3Z0020.jpg

停留所「今金」には早ちゃんが待っててくれてました。しだいに昂ぶっていく胸を抑えながら板谷さんにも連絡し2台の車で、途中 夜に食べる焼肉と朝に食べるパンを買って、キャンプライブの会場である愛指令ランド140°へ。

posted by ヒロ at 21:55| Comment(0) | キャンプライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする