2018年01月15日

はーい!カッチャッ。

全員集合し集合写真を撮る。成長する一年の記録・記憶がまた一枚増える。


周囲の刺激を受けて「はやく、あるきたいよ!」と、つかまるところを見つけつかまり立ちをする9ヵ月の甥っ子。
いくつになっても成長したい意気込みを忘れたくない。甥っ子から教えられる。

posted by ヒロ at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

思いとは別にいつかは壊れるんだね。

Nationalのひげ剃り、今で言うとメンズシェーバーが壊れた。
180110_0806~03.jpg

今はないメーカーだから愛着があり大事に使っていた。動かなかった時が度々あった、そういう時は騙しだまし使っていた。最後はスイッチを入れると一瞬動き、それから全く動かなくなった。


電源コードをつなぐと充電ランプは点くが、スイッチを入れると動かない。これでNationalの持ち物はなくなった。ショック。一時代が終わったようでなんだか寂しい。


チラシをみると、ひげ剃りが載っていたので、高ぁ〜と思いながら今日買ってきた。明日から使おう。
180113_2010~01.jpg
posted by ヒロ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

映画 8年越しの花嫁

結婚目前に原因不明の病に倒れる彼女。目を覚めた時に彼であることを覚えていない。


180108_1129~02.jpg

彼は周囲からいろんな事を言われるが、目を覚めてほしい一心から、思い出の地を訪れ動画や写真を撮り、彼女の携帯電話に送り続ける。


記憶を蘇らせようと奮闘する彼女。でもまた病が悪化し両親に泣いて謝る彼女を見て、「ちゃんと自分を大切にして生きてほしいな。」と別れを切り出す彼。それでも記憶を辿っていく。彼の思いを知っていく。


タイトルからもバカにしていたが、気がつけば涙を流れていた。彼女役の入院前・入院中・入院後の変化が、同一人物だったのか分からないほどの演じだった。


車いすの彼女と映画を観に行ったので、断ったのだが映画終了後にもスタッフがお手伝いに来ていたので、エンドロールを見て余韻に浸れず流れに身を任す外なかった。急に現実に戻される感を覚えた。


幸せのカタチ・愛のカタチの一つを観た映画8年越しの花嫁だった。


posted by ヒロ at 22:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする